2021年04月17日

ドラマ『根の深い木』と映画『マルモイ ことばあつめ』

どちらもハングルに関係する作品です。
『根の深い木』(2011年・全24話)
ハングルを作る話。
24文字の組み合わせの「表音文字・ハングル」創生の秘話。
時の王(第4代・世宋)が民の幸せを願い、お触書を出しても民は読めない。
「誰もが読める文字を」と音を分析してつくられた表音文字がハングル。
民までが文字を読めるようになるのを恐れる既存の権力者。
子供がたちまち覚えてしまう事に恐れをなし、必死でハングルの発布を阻止しよう
とする支配層と「民にも文字を」と願う王との争いです。
全24話で1話が60分強と長いですが、夢中で観てしまいました。
ミステリー色もありつつの、見やすく楽しめて...の見応えのあるドラマでした。
しかし漢字文化圏で独自の文字を持つことは「蛮族」だそうです。
日本も蛮族だとか...「漢字にカタカナにひらがな」の日本は蛮族中の蛮族だったようです。

映画「マルモイ ことばあつめ」(2018年)
ハングルを守ろうとする話。
時代は第2次世界大戦中の日本統治下の朝鮮半島。
独自の文化が否定され、言葉も名前さえも奪われようとしている。
その事を嘆く人たちが、自国の文字を守る為に全国から方言を集め、辞書を作ろう
と必死に戦います。
日本人としては、観ることが辛くもなりますが決して暗いばかりの映画ではありません。
文字が読めなかった主人公が文字を覚え、町中の看板を読み、本が読む事が出来て
自分の世界が広がる喜びを感じるシーン...胸がキュッとなります。
日本語を強要されて、朝鮮半島の人たちが日本語を話すシーンは辛いです。
しかし「日本人役の人」と、「日本語を強要されて話す人」との「日本語レベル」が同じ...と言うのは、仕方ないとしても違和感がありました。
言葉は民族の思想であり、文化であり、命である...胸に突き刺さりました。
若い人に観て欲しい!こんな過去があったと言う事を...。

posted by バリアフリーシアタースタッフ at 17:55| Comment(0) | 映画

2021年03月08日

『甦る三大テノール 永遠の歌声』

今年最初の副音声上映作品です。
この映画のボリュームチェックが、私にとっての今年初の映画館で
鑑賞した映画になりました
コロナ禍の中、この作品もリモートで台本チェックをしました。
映画の中に歌が登場する副音声はとても難しいのです。
歌を聴いて欲しい!そして歌の内容も知って欲しい!
特にこの映画は歌が主役です。
どこまで歌詞を副音声として入れるか...試行錯誤でした。
副音声制作も大変でしたが、特に録音編集の方は苦労された様です。
吹き替え、副音声ガイド朗読の録音後の編集は、ボリュームチェック
前日の夜まで行われたそうで、苦労した難しい編集だったそうです

三大テノールとは、ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、
そしてホセ・カレーラスです。
音楽に疎い私が知っていたのはパヴァロッティのみ。
パヴァロッティと言えば「トゥーランドット」!...程度の知識でした。
荒川静香が2006年のトリノオリンピックで金メダルに輝いた時の曲が
「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」でしたね。

映画は1990年FIFAW杯(ワールドカップ)イタリア大会の
決勝戦の前夜祭として行われた三大テノールコンサートから始まります。
当時の関係者・彼らを愛する人々へのインタビューやリハーサル映像、
バックステージ映像などから、音楽とサッカーを愛し楽しむ3人の姿が
鮮やかに浮かび上がってきます。

映画の中で数々の曲が歌われます。
「太陽の土地」、「アルルの女」、「帰れ、ソレントへ」、「シェリト・リンド」
エディット・ピアフ作詞の「バラ色の人生」、「ムーン・リバー」
「アメリカ」(「ウエスト・サイド物語」)そして「マイ・ウエイ」等々...
曲名は知らなくてもどこかで聞いた曲ばかりです。
この映画で「誰も寝てはならぬ」の詩の内容を知りました。
どの歌も素晴らしいです。歌ってこんなに素晴らしいのだと思いました。
思わず拍手をしそうでした(拍手をした副音声スタッフもいました)。
是非!是非!映画館で素晴らしい歌声を体験してください。
きっと貴方の魂を揺さぶる筈です。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 22:29| Comment(0) | 日記

2021年01月02日

『判決-ふたつの希望』(2017年・フランス・レバノン)

今年の初映画...と言ってもネットの接続先のオンデマンドで鑑賞。
「あれ?聞いた題名」と思い、鑑賞。
映画館で観なかった事を後悔しました。
2018年にアートセンターで上映の映画だったのですね。
聞いたことがある筈でした。

舞台はレバノン。
2人の男、トニーとヤーセルの些細な諍いが法廷へ持ち込まれ
暴動へと発展します。
2人の男はそれぞれが心の内で、自分の非を認めているのですが
それぞれに弁護士が付き(と言っても意に反してですが)小さな諍いが
パレスチナ問題へと向かっていきます。
相手のプライベートが暴かれるたびに心を痛めるトニーとヤーセル。
自分たちの思いと違う方向へと向かう裁判。
それでも裁判によって、相手の苦しみ悲しみが分かっていきます。
自分は被害者だけれども加害者でもあった...と。

邦題は???ですが、感想は「良い映画を観たなぁ〜」の一言。
「謝罪は弱さではなく、礼儀」の言葉に大きくうなずきました。
最初に一言「悪かった」と言いさえすれば...と、映画を観ながら
何度も思いました。

余談ですが、レバノンは「キアヌ・リーブス」の生まれた地です。

posted by バリアフリーシアタースタッフ at 18:53| Comment(0) | 映画