2019年12月05日

次回作は「風をつかまえた少年」

11月30日(土)に吹き替え収録をしました。
少年が主役の映画です。友達もいます。
収録室は若い男性で一杯になりました。
若い熱気に溢れ、今まで以上に酸欠に近い状態の収録室でした。
吹き替えは初めての方もいましたが、何度もテストを重ねているうちに
収録も順調に進むようになりました。
思っていた時間より早く収録を終えることが出来ました。
若い皆さんから「とても勉強になりました」の言葉を頂きました。
楽しい収録でしたが、若い方たちの話題にはついて行けませんでした(笑)

「風をつかまえた少年」は実際にあった話です。
2001年、アフリカのマラウイを大干ばつが襲います。
アフリカの最も貧しい国のひとつのマラウイ。
14歳の少年ウィリアムは学費を払えず学校にも通えなくなります。
機械いじりの好きなウイリアムは、風力発電で乾いた大地に水を引くことを
思いつきます。
校長に知れないようにこっそりと学校の図書館で勉強をします。
家族を...村を助けたい!その真直ぐな思いが周囲を動かし、
枯れた大地を変えていきます。



posted by バリアフリーシアタースタッフ at 22:51| Comment(0) | 日記

12月になりました。

しんゆり映画祭が終わって一か月経ちました。
映画祭に関係された皆様の心労は如何ばかりだったか...
私の想像以上だったと思います。
ニュースにもなった映画祭でしたが終わりました。
映画祭に携わった皆さま...
心より、「お疲れ様でした」と申し上げます。
本当に大変でしたね...。

posted by バリアフリーシアタースタッフ at 21:56| Comment(0) | 日記

2019年11月01日

しんゆり映画祭

10月27日(日)から開催されている映画祭。
今年で25年です。
このブログを書いている私は、映画祭のメンバーではありません。
ですが...映画祭で上映の、副音声ガイド付き映画「洗骨」には関わっております。
例年はガイド上映のサポートと、字幕付き映画のサポートに参加していますが
今年は日程が合わず、参加できていません。
そんな中...飛び込んできた「上映中止」のニュース!!!
「止められるか、俺たちを」と「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」
の2本の映画が上映中止となりました。
映画「主戦場」の映画祭上映を取りやめた事への抗議だそうですが
関係者ではない私には詳しいことは分かりません。
この映画祭は市民の皆様のボランティアで成り立っています。
その皆様の事を思うと...心が痛みます。
今は只々、「映画祭が盛況のうちに終わりますように」と共に
「これからも、愛される映画祭でありますように...」と願うばかりです。

posted by バリアフリーシアタースタッフ at 21:19| Comment(0) | 日記