2022年06月28日

映画『少年の君』(2019年・中国)

2011年の中国の架空都市が舞台です。
進学校に通う少女チェン・ニェン。
大学進学の為の全国統一テストを前に学校は殺伐としています。
母子家庭のチェン・ニェンは、貧しさから抜け出す為に必死で勉強しています。
そんな中、一人の少女がいじめを苦に飛び降り自殺をします。
それをスマホで撮影する生徒たち。
チェン・ニェンは大勢の生徒達の遠慮の無い目に晒されている彼女に
着ていた上着をかけてやります。
ところが、その事によって今度はチェン・ニェンがいじめの対象になります。
いじめを避けるために裏通りを帰る途中、暴行現場を目撃した事により
少年シャオベイと知り合います。
孤独な2人は心を通い合わせていきます。
「君は世界を、僕は君を守る」と、そっとチェン・ニェンを見守るシャオベイ。
統一試験が迫ったある日事件はおきます。

中国の過酷な受験戦争!まさに戦争です。学校はまるで軍隊のようです。
ヒリヒリと目を覆いたくなるような過酷な現実とイジメ。
受験に打ち勝つ事が、貧乏から抜け出せると信じる少女と、
彼女を支えることで自分の世界も変わると信じる少年。
若い二人の、お互いを信じる強い心が観ている者の胸を熱くします。

とにかく!主演の2人が素晴らしい!
少女チェン・ニェンを演じたチョウ・ドンユイは
10年前の「サンザシの樹の下」の時の透明感がそのままです。
存在感を消すようにたたずむ少女と、意志の強さを目に宿す少年。
イジメ、受験戦争に中国が抱える社会問題にミステリー要素も加わって
最後まで目が離せません。
間違いなく名作です。
是非!是非!観てほしい!

それにしても中国、この映画の公開をよく許したなぁ〜。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 17:27| Comment(1) | 映画

2022年06月11日

次回の副音声上映は「メイド・イン・バングラデシュ」です。

今回も副音声台本のチェックはリモートで行われました。
6月4日と5日に、吹き替えの収録をしました。
一人ずつの収録ですので、今回も収録は2日間。
今回の収録は楽しく出来ました。
普段では口にすることの無い
「クズ野郎!いいように働かせて」等の台詞!
録音・演出担当の方も
「皆さん、普段は使わない台詞の吹き替えが楽しそう」と笑っていらつしやいました。
今回の主役の女性の吹き替え担当は副音声スタッフの一人です。
リモートでしか会えなかったスタッフの方に、久しぶりに会えて嬉しかったです。
顔を合わせることの大切さを改めて感じました。
他愛のないお喋りも大切にしたいですね。
少しずつコロナの状況も変化しています。
全員で集まっての台本チェックが、一日でも早く始まりますように…。

「メイド・イン・バングラデシュ」は7月9日(土)より上映です。
posted by バリアフリーシアタースタッフ at 23:54| Comment(0) | 日記

2022年04月04日

副音声ガイド付き上映『GAGARINE/ガガーリン』

(2020年・フランス)
1961年パリ郊外に建設された公営住宅ガガーリン団地。
赤煉瓦の大規模な団地は、この年に世界初の宇宙飛行士となった
ガガーリンから命名。
様々な民族の移民たちが暮らすこの団地も今は老朽化し、解体される事に。
この団地で生まれ育った16歳のユーリ。
宇宙に夢を馳せるユーリは、母を待ちながら一人で暮らしています。
次々と引っ越す住人達。
ユーリは一人団地にとどまり、ある決心をします...。

「ガガーリン」と聞いてソ連の記録映画?と思いました。
今の若い人は「ソ連(ソビエト連邦)」を知らない人もいるとか...。
ユーリイ・ガガーリンは1961年4月12日、ボストーク3KA―2で
世界初の有人飛行に成功した宇宙飛行士です。
「地球は青かった」の言葉が有名です。
何と!ガガーリンは34歳の若さで亡くなっているのですね。

ガガーリンの名を冠したガガーリン団地に住むアフリカ系の少年ユーリ。
「ガガーリンにユーリ」 宇宙に憧れるのは当然といえば当然に思えます。
今、ユーリはどこかで夢に向かって力強く暮らしている!と信じています。





posted by バリアフリーシアタースタッフ at 12:20| Comment(0) | 日記