2020年11月08日

「殺人の追憶」「母なる証明」そして「パラサイト 半地下の家族」

『殺人の追憶』と『母なる証明』は既に鑑賞済みでしたが、
「ポン・ジュノ監督特集」で2度目の鑑賞。

『殺人の追憶』(2003年)
1986年に実際に起きた未解決事件を映画化した作品です。
現場はやじ馬で踏み荒らされ、警察は見込み捜査で犯人をでっちあげる。
そして拷問で自白させる。その上韓国では当時DNA鑑定が出来ない。
捜査員の焦りと挫折と情熱に焦点を当てた映画です。
先日、犯人が判明しました。
未解決だった2003年当時に観た方は、少女の「普通の顔だった」に
ゾッとした事でしょう。

『母なる証明』(2009年)
もう一度観たいと願っていた強い印象を残した作品です。
知的障害のある息子が、ある日少女殺害容疑で逮捕される。
息子を女手一つで育てている母は、真犯人を探そうと奔走します。
やがて真犯人とされる少年が逮捕されます。その少年も知的障害があります。
その真犯人とされた少年の母親の事を思って泣く、母。
釈放された息子が母に鍼を渡すシーンにゾクッとしました。
母の愛の強さと執念が観ているものを不安にさせ、涙します。
最後のバスの中で踊るシーンが目に焼き付いています。

「パラサイト 半地下の家族」
やっと!やっと!鑑賞できました。
「半地下」と、「地下」と「地上の豪邸」の家族の話。
半地下に住む父・母・兄・妹の4人家族があの手この手を使い
地上に住む裕福な家族に取り入り、父は運転手に、母は家政婦に、
兄は英語の家庭教師に、妹は絵の家庭教師として入り込みます。
ここまでは、入り込むためのあの手この手に笑います。
その後、地上の家族がキャンプに出掛け、半地下の家族は豪邸でやりたい放題。
ところが、母が家政婦として入る為にあの手この手で罠に嵌め、辞めさせた
前任の家政婦が「忘れ物を取りに来た」と尋ねてきます。
此処から一気にサスペンスを帯びてきます...。
私としては期待が大きすぎたか、『母なる証明』に気持ちを持っていかれた為か
今一つ乗り切れず...。
その上、地上の裕福な家族の主人を演じた「イ・ソンギュン」が...
あの良い声(本当に良い声です)の「イ・ソンギュン」が...
ドラマ『マイ・ディア・ミスター 私のおじさん』(お勧めです)の、
あの「素敵なおじさん」が...何故?どうして?(涙)
何気ない仕草が悲劇を...。
この映画悪人は出てきません。臭いがキーポイント。
子供は鋭い!!!

3作品の共通点は背中がゾワッとする事でしょうか...。

次回の副音声上映映画も韓国映画です。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 22:37| Comment(0) | 映画

2020年10月31日

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』(ロシア)

観逃しに観逃し...とうとう大きなスクリーンでの鑑賞を諦めた映画。
ところが!何と!しんゆり映画祭で上映!
神は見捨てなかった!は大袈裟ですが...。

ロシアがソ連だった第2次世界大戦時の戦車「T−34」
この戦車1台とドイツ運勢との圧倒的に不利な戦いを、
ソ連の新人士官の頭脳と度胸で乗り切る物語です。
「そんな馬鹿なぁ〜」もあり、笑う場面も...。
とにかく男だらけで、砲弾が飛びまくり...戦場ですからね。
戦車アクション映画とは目の付け所が中々です。
「T−34」一台対湧いてくるように現れるドイツ軍の戦車。
大きな戦車だけに小回りが利かない、素早く動けない!が、
もどかしくもあり、それが有利にもなります。
思わず「早く〜〜〜!あ〜今のうちに...」と何度も叫びました。

「えっ?もう死んじゃうの?この人が主役じゃなかったの」と
思いましたら、ドイツの捕虜収容所で捕虜になっていました。
通訳の女性の命と引き換えに戦車の演習に参加させられます。
砲弾無しで、とにかく逃げ回る事。
与えられた戦車は「T−34」
捕虜の中から参加する仲間を選びます。
そして、演習当日にドイツ兵だらけの中を戦車で仲間と共に
捕虜収容所を脱出します。逃げ切れるか!!!
ロマンスしている場合じゃないでしょ!なんて場面もありますが...
これは小休憩?
T−34の「白鳥の湖」...一見の価値あり!です。
単純明快!アイデアで勝負した楽しめる映画です。

「ごん」も観たかった...。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 22:59| Comment(0) | 映画

2020年10月11日

『ラスト・オブ・モヒカン』(1992年)

久しぶりにTVで視聴。
公開時に新宿まで出かけて観ました。
森の中を疾走するダニエル・デイ=ルイスに目がハート♡!
アカデミー賞を3度も受賞した名優D・デイ=ルイスには珍しいアクション
映画ですが、誰が何と言おうと(言わないと思いますが)この映画の
D・デイ=ルイスが一番好きです。静かな佇まい、静かに笑う笑顔が素敵です。
18世紀半ばの植民地戦争が舞台の映画です。
モヒカン族酋長に育てられた英国人開拓者の遺児「ホーク・アイ」
フランス側につくヒューロン族に襲われた英国大佐令嬢姉妹を助け
姉のコーラと恋に落ちます
貧しい開拓民。英仏軍に翻弄され、原住民達同士で戦う悲しさ。
ヒューロン族に追い詰められ「一緒にいたい」と言うコーラに言う言葉...
「生きろ!どこにいても、何年掛かろうとも必ず見つける!」
言われてみたかったですね(笑)

先日「ファントム・スレッド」を観ましたが、静かな佇まい・静かな笑顔。
やはり素敵でした。
「ファントム・スレッド」はある意味、怖かったですが、この映画が最後とは
寂しいです。

「ラスト・オブ・モヒカン」をTVで視聴して、やはり映画は映画館で...
を再認識しました。
でも、なかなか映画館に足を運べない人には、今はネット配信もあり
色々な場所で楽しめる時代になりました。が...
全ての映画がバリアフリーになるのはいつでしょうか?






posted by バリアフリーシアタースタッフ at 00:27| Comment(0) | 映画