2019年05月28日

「さらば、わが愛〜覇王別姫(はおうべっき)」

久しぶりにBS・NHKで鑑賞。
1993年、香港・中国の合作映画です。

豆子(トウツ)は娼婦の母親に京劇の養成所に連れて来られます。
しかし、手の指が6本あった為に断られます。
母親は、豆子の指を切り落とします。
そして、血だらけのわが子を捨てるように養成所に預けます。
厳しい稽古と折檻の毎日。
「娼婦の子」と苛められる豆子をかばう先輩の石頭(シートウ)。
美しい少年へと成長した豆子は「私は女に生まれ・・・」の台詞を
いくら折檻されても「私は男に生まれ・・・」と言ってしまいます。
ある日、豆子は仲間の癩子と共に養成所を逃げ出します。
その時に観た、名優が演ずる「覇王別姫」に心を奪われ養成所へ帰ります。
豆子は激しい折檻を受けます。歯を食いしばり耐える豆子。
それを見て、大好きな「サンザシの飴かけ」を口いっぱいに頬張る癩子。
そして癩子は首をつって自殺してしまいます。
忘れられない場面です。
豆子は程蝶衣(ティエイー)、石頭は段小楼(シャオロウ)の芸名で
「覇王別姫」を演じて有名になります。
美しい女形となった蝶衣は一座のパトロンに無理やり身体を奪われます。
やがて、押しも押されもしない人気京劇俳優となった蝶衣と小楼。
その2人を戦争が襲いかかります。
戦争が終わっても厳しい運命に翻弄される2人です。
やがて文化大革命が始まり、群衆の中で自己批判を迫られる蝶衣と小桜。
愛憎と裏切りが渦巻く場面は怖い!

なんと言っても蝶衣演じる“レスリー・チャン”が素晴らしい!美しい!!!
2003年、ホテルから投身自殺しました(涙)...何故なの?チャン!
小桜の娼婦上がりの妻を演じる“コン・リー”も素敵でした。
豆子の娼婦の母親を演じていた女優さんは「大地の子」の陸一心の
妻を演じた方です。

1994年に日本で公開されました。もう25年も前なんですね〜。
どうしても観たくて、土曜日の仕事が終わった後に下高井戸まで
足を伸ばしました。
何日間かは、頭の中を京劇の音楽がグルグル回っていました。
私が住む街の映画館が閉館する時、上映して欲しい映画を募集。
私はこの映画「覇王別姫」をリクエストし採用されました。
この映画が、閉館した映画館での私の見納めとなりました。

「素晴らしい!」の一言に尽きる映画です。
3時間近いのですが、長さを感じない映画です。
この映画を観終った時「日本映画も頑張れ!」と思いました。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 15:12| Comment(0) | 映画

2018年11月28日

映画「ボヘミアン・ラプソディ」

伝説のバンド「クイーン」の物語です。
私にとって「クイーン」と言って浮かぶのは
上半身裸で、ピチピチの白いパンツで拳を突き出し、スタンドマイクを
振り回して歌うバンド。そしてエイズで死んだ...位でしょうか。
そんな私ですが、流れる曲は聞いた事がある曲ばかりです。
最後の20分のチャリティコンサートは鳥肌が立ちました。
観た方の「出来ればIMAXでの鑑賞をお薦め」の助言に従い
大正解!
素晴らしい!!!の一言です。

ここからは余談です。
フレディってこんなに歯が出ていた?と疑問が...
歯科関係の仕事に就いていた私は推理しました。
もちろん!映画のフレディはフレディ役の俳優。
顔が似ていて、演技が出来て...その上に歯が出ている人!
は、いないですよね〜。
今の時代、歯が出ていれば直ぐに矯正するでしょうし、
映画の中で「過剰歯」と言っていましたが、それならば抜いたはず。
ましてや俳優ですからね。
その上、演じている俳優はしゃべり難そうでした。
絶対に義歯(入れ歯)!と決定!
帰宅してネットで調べました...。
やはりフレディ役の俳優は歯が出ていませんでした(^0_0^)v
しょうもない話で失礼致しました。

「音楽には疎い」と言いつつ、結構観ていました。
「最後のマイウェイ」「恋するリベラ−チェ」「ジャージー・ボーイズ」
そして「ボヘミアン・ラプソディ」...どれも素晴らしい映画です。

余韻の残る見応えのある、もう一度観たい映画です。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 21:47| Comment(0) | 映画

2018年11月13日

映画「ワンダー 君は太陽」

えっ!難病もの?子供?そりゃ泣くでしょ!
子供を使って、「どうだっ!感動するだろ!泣けるぞ〜!」映画...って
真っ平ごめん!
その上に、「ザ・ハリウッド女優」のジュリア・ロバーツ!が母親?
旦那役のオーエン・ウイルソンは私の好みじゃないし...。
と言うことで、高い評価にもかかわらず、観る気は全く無し!
なのに...観に行きました。
娘の「そんな映画じゃないよ...」の一言で...結構単純な私です。

難病と言うより両親の遺伝子の組み合わせにより顔に疾患を持って生まれた
男の子・ワンダーの話。
ワンダーについては、ほぼ想像通りの話。
でもこの映画が、今までの難病=感動!の映画と違うのは
姉のヴィアの話にも重点が置かれているところ。
弟のワンダーの事で大変な両親に心配をかけないようにと
早くに大人になったヴィア。
本当はまだまだ子供でいたいのに...。

そして、ワンダーの回りの子供達がとても良い!
もちろん!陰湿ないじめもありますが...子供は子供なりに
悩みながらもワンダーを受け入れていきます。

校長先生が素敵!
「見た目は変えられないが、見る目は変えられる!」
私にとって今年一番!の言葉です。

心残りが一つ...
夫のネートから妻・イザベルへのプレゼントは何だったのかしら?



posted by バリアフリーシアタースタッフ at 23:49| Comment(0) | 映画