2021年04月17日

ドラマ『根の深い木』と映画『マルモイ ことばあつめ』

どちらもハングルに関係する作品です。
『根の深い木』(2011年・全24話)
ハングルを作る話。
24文字の組み合わせの「表音文字・ハングル」創生の秘話。
時の王(第4代・世宋)が民の幸せを願い、お触書を出しても民は読めない。
「誰もが読める文字を」と音を分析してつくられた表音文字がハングル。
民までが文字を読めるようになるのを恐れる既存の権力者。
子供がたちまち覚えてしまう事に恐れをなし、必死でハングルの発布を阻止しよう
とする支配層と「民にも文字を」と願う王との争いです。
全24話で1話が60分強と長いですが、夢中で観てしまいました。
ミステリー色もありつつの、見やすく楽しめて...の見応えのあるドラマでした。
しかし漢字文化圏で独自の文字を持つことは「蛮族」だそうです。
日本も蛮族だとか...「漢字にカタカナにひらがな」の日本は蛮族中の蛮族だったようです。

映画「マルモイ ことばあつめ」(2018年)
ハングルを守ろうとする話。
時代は第2次世界大戦中の日本統治下の朝鮮半島。
独自の文化が否定され、言葉も名前さえも奪われようとしている。
その事を嘆く人たちが、自国の文字を守る為に全国から方言を集め、辞書を作ろう
と必死に戦います。
日本人としては、観ることが辛くもなりますが決して暗いばかりの映画ではありません。
文字が読めなかった主人公が文字を覚え、町中の看板を読み、本が読む事が出来て
自分の世界が広がる喜びを感じるシーン...胸がキュッとなります。
日本語を強要されて、朝鮮半島の人たちが日本語を話すシーンは辛いです。
しかし「日本人役の人」と、「日本語を強要されて話す人」との「日本語レベル」が同じ...と言うのは、仕方ないとしても違和感がありました。
言葉は民族の思想であり、文化であり、命である...胸に突き刺さりました。
若い人に観て欲しい!こんな過去があったと言う事を...。

posted by バリアフリーシアタースタッフ at 17:55| Comment(0) | 映画

2021年01月02日

『判決-ふたつの希望』(2017年・フランス・レバノン)

今年の初映画...と言ってもネットの接続先のオンデマンドで鑑賞。
「あれ?聞いた題名」と思い、鑑賞。
映画館で観なかった事を後悔しました。
2018年にアートセンターで上映の映画だったのですね。
聞いたことがある筈でした。

舞台はレバノン。
2人の男、トニーとヤーセルの些細な諍いが法廷へ持ち込まれ
暴動へと発展します。
2人の男はそれぞれが心の内で、自分の非を認めているのですが
それぞれに弁護士が付き(と言っても意に反してですが)小さな諍いが
パレスチナ問題へと向かっていきます。
相手のプライベートが暴かれるたびに心を痛めるトニーとヤーセル。
自分たちの思いと違う方向へと向かう裁判。
それでも裁判によって、相手の苦しみ悲しみが分かっていきます。
自分は被害者だけれども加害者でもあった...と。

邦題は???ですが、感想は「良い映画を観たなぁ〜」の一言。
「謝罪は弱さではなく、礼儀」の言葉に大きくうなずきました。
最初に一言「悪かった」と言いさえすれば...と、映画を観ながら
何度も思いました。

余談ですが、レバノンは「キアヌ・リーブス」の生まれた地です。

posted by バリアフリーシアタースタッフ at 18:53| Comment(0) | 映画

2020年12月30日

『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』

2020年の映画の見納めはキアヌ・リーブスの
「ビルとテッド」シリーズ三作目のこの映画。
一作目の「ビルとテッドの大冒険」(1989)は既に
上映は終わっていたのでビデオで鑑賞。
ハマりにハマり、一体何回観た事やら...。
「ビルとテッドの地獄旅行」(1991)は地方公開のみ...
キアヌ・リーブスがまだ日本で有名ではない時です。
ところが、早稲田松竹で上映されることが分かり
正月休み明けだったのに、仕事を休み観に行きました。
その後、新宿歌舞伎町のミラノ座隣のミニシアターでも上映。
もちろん!行きました。
厚木のミニシアターでも公開されもちろん!でございます。

オープニングの映像に、もはやウルウル...懐かしい!!!
つい先日、TVで「ジョン・ウイック」を観たばかりですが
「やっぱり!これがキアヌ!キアヌが帰って来た」と一人ニヤニヤ(笑)
「エクセレント!」もドタドタ歩きも健在でした。
テッドとビルの娘も登場ですが、どちらがテッド(キアヌ)の娘か
すぐに分かりました。しっかりとテッドのDNAを受け継ぎ、所作が
いちいちテッドに似ていて爆笑。
前2作を観ていなくても面白いと思いますが、ビルとテッドの絆や
奥さんとの事とか...前2作を観ているとストーリーの展開や台詞の
意味が深くわかります。

「スピード」「マトリックス」「ジョン・ウイック」等で今や大スターの
キアヌが、自身の原点だからと「ビルとテッドシリーズ」を熱望したとか。
その事がうれしく、又しても涙腺が緩みます。
愛すべき「ビルとテッド」が、このコロナ禍の中で上映された事に
深い意味を感じます。
映画ラストのビルとテッドのメッセージを受け取って下さい。

今年、映画館で観た映画は副音声上映を除いて4本でした。
私の生きる為の4大要素「衣・食・住・キアヌ」のキアヌの映画で
最後を締めくくれた事は幸いでした。

今年一年ありがとうございました。
皆さま、お元気で新年をお迎えください。

posted by バリアフリーシアタースタッフ at 23:57| Comment(0) | 映画