2022年07月07日

副音声ガイド付き上映『メイド・イン・バングラデシュ』

舞台は、バングラデシュの首都ダッカ。
縫製工場で働く23歳の女性シム。
工場の環境は劣悪な上に、安い給料は未払いが続いている。
家ではシムのお金をアテにして働かない夫。
ある日、労働権利団体の女性に声を掛けられる。
シムは労働組合を結成しようと立ち上がりますが...
工場幹部の脅し、夫や同僚の反対など様々な困難に遭います。

世界の繊維産業を支えるバングラデシュ。
先日、衣料品店で手にしたTシャツには「メイド・インバ・ングラデシュ」
のタグがありました。
このTシャツの何枚分がシムの一か月の給料なんだろう...?
買って良いのか?それとも...これを買うことは搾取?
と複雑な気持ちになりました。

2013年のラナ・プラザのビル崩壊事故で知られる事になった
低い賃金と厳しい労働環境。
大型発電機と数千台のミシンの振動で崩壊した事故の犠牲者は
およそ1,200人の死者、2,500人の負傷者にのぼりました。
このような劣悪な労働環境の改善を求めて戦った、一人の女性の
実話に基づいた映画です。

●副音声イヤホンガイド付き上映(要予約)
視覚障がい者向けのガイドを、イヤホン(FMラジオ)でお聞きいただけます。

7月9日(土)、10日(日)、12日(火) 12:15の回
※今回より水曜日の副音声上映は火曜日になりました。

[バリアフリー上映予約方法]
送迎・FMラジオレンタルの希望有無をEメール、電話のいずれかでお知らせください。
※FMラジオは持参可。88.5MHzで放送します
電話:044-955-0107/メール:artcenter@kac-cinema.jp


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 17:45| Comment(0) | 日記

2022年06月11日

次回の副音声上映は「メイド・イン・バングラデシュ」です。

今回も副音声台本のチェックはリモートで行われました。
6月4日と5日に、吹き替えの収録をしました。
一人ずつの収録ですので、今回も収録は2日間。
今回の収録は楽しく出来ました。
普段では口にすることの無い
「クズ野郎!いいように働かせて」等の台詞!
録音・演出担当の方も
「皆さん、普段は使わない台詞の吹き替えが楽しそう」と笑っていらつしやいました。
今回の主役の女性の吹き替え担当は副音声スタッフの一人です。
リモートでしか会えなかったスタッフの方に、久しぶりに会えて嬉しかったです。
顔を合わせることの大切さを改めて感じました。
他愛のないお喋りも大切にしたいですね。
少しずつコロナの状況も変化しています。
全員で集まっての台本チェックが、一日でも早く始まりますように…。

「メイド・イン・バングラデシュ」は7月9日(土)より上映です。
posted by バリアフリーシアタースタッフ at 23:54| Comment(0) | 日記

2022年04月04日

副音声ガイド付き上映『GAGARINE/ガガーリン』

(2020年・フランス)
1961年パリ郊外に建設された公営住宅ガガーリン団地。
赤煉瓦の大規模な団地は、この年に世界初の宇宙飛行士となった
ガガーリンから命名。
様々な民族の移民たちが暮らすこの団地も今は老朽化し、解体される事に。
この団地で生まれ育った16歳のユーリ。
宇宙に夢を馳せるユーリは、母を待ちながら一人で暮らしています。
次々と引っ越す住人達。
ユーリは一人団地にとどまり、ある決心をします...。

「ガガーリン」と聞いてソ連の記録映画?と思いました。
今の若い人は「ソ連(ソビエト連邦)」を知らない人もいるとか...。
ユーリイ・ガガーリンは1961年4月12日、ボストーク3KA―2で
世界初の有人飛行に成功した宇宙飛行士です。
「地球は青かった」の言葉が有名です。
何と!ガガーリンは34歳の若さで亡くなっているのですね。

ガガーリンの名を冠したガガーリン団地に住むアフリカ系の少年ユーリ。
「ガガーリンにユーリ」 宇宙に憧れるのは当然といえば当然に思えます。
今、ユーリはどこかで夢に向かって力強く暮らしている!と信じています。





posted by バリアフリーシアタースタッフ at 12:20| Comment(0) | 日記