2019年06月17日

次回の副音声ガイド上映は『家(うち)へ帰ろう』です。

アートセンターで2月に上映され、今回はアンコール上映です。
6月8日に吹き替えを、9日に副音声を収録しました。

88歳の仕立て屋のアブラハム。
アルゼンチンに住んでいますが、故国はポーランドです。
アブラハムは片道切符を持ち、一人で故国を訪ねる旅に出ます。
目的は、ホロコーストから逃れたアブラハムを助けてくれた親友に
自分が仕立てた「最後のスーツ」を届ける事。
ドイツは通りたくないアブラハムのポーランドを目指す旅が始まります。
頑固で、お洒落で、したたかなアブラハムを待ち受けるハプニング。
別れてから70年。彼は親友に「最後のスーツ」を渡せるのでしょうか?

高齢の男性のロードムービーには『手紙は憶えている』があります。
この映画『手紙は憶えている』に私がつけたキャッチコピーは
“私、齢(よわい)90歳。70年前に殺された家族の復讐に参ります。
手がかりの一通の手紙と認知症を携えて...。“
70年前にナチスに家族を殺された老人の復讐ロードムービーです。
この映画...オチが凄いです。
どちらも70年前のホロコーストを題材にしていながら
「家へ帰ろう」が “ほのぼの(?)系ロードムービー”なら
「手紙は憶えている」は “サスペンス系ロードムービー” です。
見比べるのも面白いですよ。

●『家へ帰ろう』・副音声イヤホンガイド付き上映(要予約)
7/13(土)、14(日)、17(水)12:10の回
[予約方法]以下をEメール、電話のいずれかでお知らせください。
(1)鑑賞希望日 (2)チケット枚数
(3)氏名 (4)住所 (5)電話番号
(6)付添の有無
(7)送迎・FMラジオレンタルの希望有無
※FMラジオは持参可。88.5MHzで放送します
電話:044-955-0107/メール:artcenter@kac-cinema.jp



posted by バリアフリーシアタースタッフ at 21:11| Comment(0) | 日記

2019年05月16日

「初恋〜お父さん、チビがいなくなりました」

前作の「ねことじいちゃん」の副音声ガイド上映も好評でした。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
頂いたご意見は、真摯に受け止め更なる研鑽を重ねたいと思います。

時代は平成から令和へと移りました。
「初恋〜お父さん、チビがいなくなりました」は令和になっての
最初の副音声ガイド付き上映ですが、時代背景は昭和と平成です。
5月11日(土)から6月7日(金)までの上映で、
副音声ガイド付き上映は5月18日(土)、19日(日)、22日(水)です。

結婚50年。3人の子供も独立し、夫婦2人と猫一匹の生活となった老夫婦を
倍賞千恵子と藤竜也が演じています。
同じ年齢で同じ頃に映画デビューしたお二人ですが、初共演だそうです。
倍賞千恵子さんは、デビューして間もなく「下町の太陽」でスターの仲間入り。
私も観に行きました。
片や藤竜也さんは、日活でチンピラ役や殺される役などが多かった気が...
スターの仲間入りまでの道のりは遠かったですね。
日活の大スターだった“芦川いづみ”さんとの結婚は、当事大きな話題になりました。
今風に言えば「格差結婚」でしょうか?
“星由里子”さんが共通の友人役で出演されています。この映画が遺作となりました。
加山雄三さんの「若大将」シリーズのマドンナ役で有名ですね。可愛かった!!!

無口で頑固な夫。妻の話し相手は猫の「チビ」だけ...。
ある日、妻の心の支えの「チビ」がいなくなります。
必死で探す妻を冷ややかに見つめる夫に、妻が突きつけたものは?
いくら50年の長い間、夫婦でいても“想いは口に出さないと伝わりません!”
「そうそう!」とうなずかれる奥様方も多いのでは?
旦那様方は「そんなこと言わなくても...」と、頭をポリポリでしょうか?

●副音声イヤホンガイド付き上映(要予約)
5/18(土)、19(日)、22(水)12:30の回
[予約方法]以下をEメール、電話のいずれかでお知らせください。
(1)鑑賞希望日 (2)チケット枚数
(3)氏名 (4)住所 (5)電話番号
(6)付添の有無
● (7)送迎・FMラジオレンタルの希望有無
※FMラジオは持参可。88.5MHzで放送します
電話:044-955-0107/メール:artcenter@kac-cinema.jp


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 10:29| Comment(0) | 日記

2019年04月02日

「ねことじいちゃん」の次の作品の台本チェックが終わりました。

「ねことじいちゃん」の次の作品も日本映画です。
そして...猫も出てきます。
この映画の副音声台本の第一稿を担当したのは新人のSさんです。
私は体調を崩し、一回目と二回目のチェックには参加できなかったので、
三回目に参加した時に「初めての台本はどうでしたか?」と尋ねましたら
「楽しかった!」との事。力強いスタッフが増えました。
ただ「“解説”と“あらすじ”も書く」と聞いて驚いたようです。
台本を書いて終わりではありませんヨ〜〜〜Sさん!
私が始めて台本を担当したのは「39(サンキュー)窃盗団」(2012年)でした。
水平線の向こうまで続く道...先の見えない道のりに気が遠くなる程でした。
「千里の道も一歩から」と自分で自分に言い聞かせながら取り組みました。
9本書いた現在はどうか?...と言うと、未だに同じです。
ただ、台本は自分ひとりで書くのでは無い...スタッフ全員で仕上げる!
この事が私の後押しを、してくれます。

さて...どんな副音声ガイドになっているでしょうか?
しばらくお待ち下さい。
もう、その次の作品の台本制作に取りかかっています。
とても素晴らしい外国映画です。
4月14日の一回目の台本チェックが楽しみです。




posted by バリアフリーシアタースタッフ at 00:00| Comment(0) | 日記