2021年08月01日

映画『いとみち』

5月の中旬から始まった台本チェック。
今回もリモートでした。
7月31日と8月1日の副音声付き上映を終え、次回は8月4日(水)です。

主役の“相馬いと”に駒井漣。
スラリとした体型に凛とした面立ちです。
カラスの濡れ羽色(古ッ)の艶々のストレートヘアがチャームポイント(?)
“いと”の父親“相馬耕一”に豊川悦司。
東京生まれの民俗学者。
東京生まれ故に、長く暮らしていても津軽弁には四苦八苦。
“いと”の祖母“相馬ハツエ”に西川洋子。
(津軽三味線の巨星・高橋竹山の最初の弟子)
津軽三味線の名手。
濃厚な津軽弁を話し、娘婿の耕一は未だに読み取れない言葉がある。

青森県唯一のメイドカフェで「わぁ、津軽三味線弾ぐ!」(HPより)
幼い時に母を亡くし、祖母から津軽三味線を習った “いと”。
訛りが強すぎて心を閉ざしています。
そんな“いと”がメイドカフェでアルバイトを始めます。
同僚とも仲良くなりメイドにも慣れてきた時に事件が...。

暑い中を大勢のお客様が来館されました。
私が担当した方は、私と同じ市内で以前にもサポートした方でした。
「メイド服がLLと言っていましたが大柄な方ですか?」と聞かれ
「細身ですが背が170センチと高いのでLLなのですね」とお答えし
「髪が綺麗なのですか?」
「前髪はプツンと切ってあって、真っ黒で真直ぐな綺麗な髪です。
漣と言う名がピッタリのキリっとした顔立ちですよ」
「亡くなったお母さんはどんな方でしたか?」
「綺麗な方です」等々...映画の話をしたり、雑談をしながらの楽しい送迎でした。




posted by バリアフリーシアタースタッフ at 22:07| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
『いとみち』

バリアフリーシアター制作チームのメンバーです。

オリンピックの最中のバリアフリー上映、たくさんのご利用がありましたね。

初見の時は、津軽弁がまったく聞き取れず、音声ガイドで伝わるだろうか?と心配しました。

方針が決まって、台本チェックを重ねるごとに主人公のいとの話す津軽弁が心地よく響くようになりました。

この映画の魅力は、それだけではありません。
いとを取り巻く人々を演じる役者さんが生き生きと演じていました。

青森にメイドカフェがあって、いとの三味線ライブをやっていたら、是非、聴いてみたいです。



Posted by haru at 2021年08月15日 18:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: