2020年03月05日

『コンプリシティ 優しい共犯』

次回の副音声ガイド上映作品です。
中国の地方都市から技能実習生として来日した青年「チェン・リャン」
劣悪な実習先から逃亡し、他人に成りすまして山形県の蕎麦屋で働き始めます。
蕎麦屋の主人に「藤竜也」 厳しくも暖かく、チェンを指導します。
厳しい現実と暖かい人の心...チェン役の「ルー・ユーライ」の
澄んだ寂しい瞳に心を動かされます。
監督は近浦啓氏。本作が初の長編映画です。
今回の副音声台本のチェックにも参加されました。
日本映画ですが、中国語が行き交いますので字幕もあります。
副音声も字幕も文字数に制限があります。
副音声は「台詞に被らないように..」と1文字を削るのに四苦八苦する事も。
又、字幕も一度に読める文字には限りがあります。
つまり...
副音声では耳から聞こえる言葉の文字数に制限があり、
字幕は見える文字数に制限があると言う事です。
例えばスマートフォン″は「携帯」にするか「スマホ」にするか...
副音声ではスマホにしたい...耳で聞くと「ケイタイ」は4文字ですが
「スマホ」なら3文字です。
ところが、目で見る字幕では「携帯」は2文字、スマホは「3文字」です。
監督も参加されての台本チェックで初めて気が付きました。面白いですね。

●副音声イヤホンガイド付き上映(要予約)
※目の不自由な方のための音声ガイドをイヤホンでお聞きいただけます。
3月7日(土)、8日(日)、11日(水) 12:45の回
[予約方法]以下をEメール、電話のいずれかでお知らせください。
(1)鑑賞希望日 (2)チケット枚数(3)氏名 (4)住所 (5)電話番号
(6)付添の有無(7)送迎・FMラジオレンタルの希望有無
※FMラジオは持参可。88.5MHzで放送します。
電話:044-955-0107/メール:artcenter@kac-cinema.jp


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 22:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: