2019年10月12日

「バリアフリーシアター活動日誌」

映画の事ばかり書いていると、バリアフリーの活動は?
と聞かれそうですね。
スタッフ一同、頑張って活動しています!
10月5日・6日・9日には「田園の守り人たち」の副音声上映がありました。
私は久しぶりの送迎サポートを担当しました。
台詞の少ない静かな映画でしたので「少し難しいかな?」と心配しましたが
キチンと映画を理解してくださっていて安心しました。

10月27日から始まるしんゆり映画祭で上映の、副音声ガイドの台本チェックも
既に終了し、副音声の収録も済みました。
ボリュームチェックを終えたら、映画祭を待つばかりです。
そして、映画祭後に上映予定映画の台本チェックの2回目も終わりました。
この映画は「田園の守り人たち」と違い、台詞の多い映画です。
文化や生活が日本や欧米と違うので、台本担当の方は調べるのに時間を
費やしたことと思います。
副音声台本担当者は書くだけ...ではありません。
その映画の背景にあるものも調べます。外国であればその国の歴史や文化を...
又、服装や食べ物についても調べます。
邦画でも、細長い日本です...地方特有の風習や言葉があります。
こんな風に調べていると思わぬ発見もあります。
「未来を花束にして」の時には、朝早く頼まれた家々の窓やドアをたたいて
起こす“起し屋”なる職業がある事が分かり
「わたしは、ダニエル・ブレイク」ではイギリスには“寝室税”なるものが
あるのを知りました。
新しい発見を楽しみつつ、誰もが映画を楽しめますように...を目標に
分かりやすい副音声を目指しています。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 00:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: