2019年09月19日

「ラスト・ムービースター」

昨年、82歳で亡くなったバート・レイノルズの最後の主演作品です。
バート・レイノルズと聞くと「あ〜あの人ね」と顔も浮かぶのですが
はて?どんな映画に出ていた?
「脱出」「トランザム7000」「ブギーナイツ」等で題名は知っていますが
内容は???位の私です。
かっては、スーパースターとして大活躍していたヴィック・エドワーズ。
今は大きな屋敷に犬一匹と住んでいます。その犬にも先立たれます。
年老いて世間から忘れ去られた彼の元に、一通の招待状が届きます。
最初は無視しますが、イーストウッドやデニーロも受賞した
「功労賞」の授与...友人にも勧められ一人で出かけます。
忘れられたとは言え、元大スター!招待されたのですから、当然の事ながら
飛行機はファーストクラス、迎えはリムジン、ホテルは一流ホテル!
ところが、飛行機はエコノミー、迎えはぽっちゃり体形のへそ丸出しの
お姉ちゃん!そして車はオンボロ車。そのうえにホテルはモーテル。
極めつけは、映画祭の会場...何と!場末(?)の小さなパブ。
気分を害した彼は、途中から会場を抜け出します。
実は...彼には、映画祭に出席以外にこの町に来た理由があったのです。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」でディカプリオが
演じた“リック・ダルトン”のモデルはバート・レイノルズだとか...。
現在(亡くなりましたが)のバート・レイノルズと若い頃のレイノルズが
共演の場面もあります。
見も知らぬカップルの結婚式に飛び入りして、歌を歌う姿は
「あ〜やはり大スターだ」と思いました。風格があり素敵でした。
映画の中で「イーストウッドの選択は正しかった。私は間違えた」の台詞があります。
いえいえ、こんな素敵な映画を遺した貴方は素晴らしい選択をした!と思いました。

日本での公開日の9月6日は彼 “ロバート・レイノルズ” の命日でした。






posted by バリアフリーシアタースタッフ at 00:12| Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: