2019年04月01日

「禁じられた遊び」から「ねことじいちゃん」へ...

「禁じられた遊び」は3月16日(土)〜22日(金)までの1週間の上映でした。
16日(土)17日(日)20日(水)の3日間が副音声ガイド上映日でした。
ギターで奏でる「愛のロマンス」はあまりにも有名です。
この曲に魅かれてご来館くださった方も多かったのではないでしょうか?
視覚に障がいのある方達も大勢ご来館下さいました。
「大いなる幻影」に続き「禁じられた遊び」を副音声ガイド上映が出来た事は、
私達副音声スタッフにとっても大きな喜びでした。
又、どちらの作品もヒロインの吹き替えを副音声スタッフが担いました。
特に「禁じられた遊び」は小さな女の子で主役です。
スタッフの中の一番若い女性が担当...この事に驚かれた方も多かったです。
「亡くなった子犬をはじめ、生き物の命を貴ぶ幼気な女の子のイメージが伝わり、
とても良かった」との感想をいただきました。
担当した彼女にとって、大きな自信になった事と思います。

次回の副音声ガイド上映は「ねことじいちゃん」です。
動物写真家の岩合光昭氏の初監督作品。
主演は猫の「タマ」。相手役(?)は落語家の立川志の輔さんです。
立川志の輔さんは初主演です(多分タマも...)。
動物写真家の岩合さんらしく猫のショットが素敵です。
何も無いけど大切なものはある...そんな小さな島での穏やかに過ぎていく
日々を描いている、心温まる映画です。
柴咲コウ、小林薫、田中裕子、柄元佑(えのもとたすく)等の
実力者が脇を固めています。

4月6日(土)からの上映です。

●副音声イヤホンガイド付き上映(要予約)
4月13日(土)、14日(日)、17日(水) 12:25の回
[予約方法]以下をEメール、電話のいずれかでお知らせください。
     (1)鑑賞希望日 (2)チケット枚数
     (3)氏名 (4)住所 (5)電話番号
     (6)付添の有無
     (7)送迎・FMラジオレンタルの希望有無
     ※FMラジオは持参可。88.5MHzで放送します
電話:044-955-0107/メール:artcenter@kac-cinema.jp



posted by バリアフリーシアタースタッフ at 19:27| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント

柄本佑(えもと たすく)が本作でもいい味を出していましたね。

4月からのNHK朝ドラでは、タイプの違う農業高校演劇部顧問の先生役で出演しています。

お父さんの柄本明にだんだん雰囲気が似てきたような気がします!
Posted by haru at 2019年04月22日 16:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: