2019年02月10日

2月9日、次回作の吹き替えを収録しました。

日本映画が続き、半年振りの吹き替え収録でした。
日本映画の「フジコ・ヘミングの時間」でも吹き替え収録が
ありましたが、ごく一部で副音声朗読と同じ日に収録しました。
前回の外国映画の吹き替え収録は「大いなる幻影」でした。
この時は、暑い7月で今回は雪の舞う日。
声優さんの帰る足を気にしながらの収録。
幸いにも大雪にならなくてホッとしました。

前回の「大いなる幻影」の出演者は60名。今回は24名。
人数は違いますが、共通点があります。
戦争の悲劇を描いている不朽の名作です。
そしてヒロインは前作も副音声スタッフが担当しましたが
今回も副音声スタッフが担当しました。
若い女性スタッフが主役の女の子を可愛く演じ切りました。
ブログを書いている私は、主役の男の子の母親役。
台詞も沢山!緊張しました。
いつもの収録は、控え室で声優の皆さんやスタッフと
差し入れのお菓子を食べながらお喋りを楽しんでいますが、
今回は殆ど収録室に入っていました。
何年か前に受けた、声を出す訓練を思い出しながら
収録に臨みました...が、やはり最初は緊張して
声が出ていなくて、マイクが声を拾ってくれませんでした。
皆さまに助けていただきながら、励ましていただきながら
無事に収録を終えた時は、思わずバンザイ\(^o^)/。
先日、誕生日を迎えた高齢者の私がこんな大きな役の吹き替えを
担当するとは...貴重な体験をする事が出来ました。
大きな不安を抱えた私を、励ましてくれたスタッフの皆さまに感謝です。
私が収録の足を引っ張るのでは...と心配しましたが
予定よりも早く、夜の7時に収録を終了しました。
今日(2月10日)は副音声朗読の収録でした。
朗読はベテランのスタッフの女性。順調に終えた事と思います。

25日にはボリュームチェックです。
上映まで今しばらくお待ち下さい。



posted by バリアフリーシアタースタッフ at 22:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: