2019年02月01日

第3回『副音声ガイド制作ワークショップ』

1月26日の3回目の講座は送迎体験をしました。
先ず、ガイドヘルパーの資格をもったTさんから
視覚障害の方のガイドについての注意と説明がありました。
基本姿勢や、歩く早さ、エレベーターに乗る時の注意...等々。
特に、方向転換する時は「向きを変える事」を伝え、
視覚障害者を中心に回るようにする事は、ガイド経験者の私にとっても
大変参考になりました。
又、物の位置は「ここ・そこ・あそこ」ではなく「前・後、左・右」と
伝える事...「あっ!言っているかもしれない」と反省。
椅子への誘導や、トイレでの注意もありました。
その後ガイド体験をしました。
先ず、私とスタッフのMさんで見本を...と言っても自信の無い私。
そんな私ですので目をつむって歩くのは怖かったのですが、
Mさんの的確なガイドで徐々に落ち着いてガイドされる事ができました。

副音声講座ー1.jpg 副音声講座-8.jpg

受講生の皆さんも恐る恐るでした。
アイマスクを着けず、すぐ目を開けられる状態でも怖かったですね。
ガイドをする方も緊張されていました。
見えていると気が付かないような段差につまずく事が分かりました。
Mさんは体格が良いので私は安心して、ガイドされて歩けましたが、
小柄な私のガイドはどうなんだろう?と疑問が浮かびました。
先ずガイドをする者が、しっかり歩けないと...と自分自身を反省しました。

次は、副音声朗読担当の方はアートセンターの収録室でガイド朗読の練習。
他の方は副音声ガイド制作をしました。
ガイド朗読は落ち着いて出来たでしょうか?
副音声は最後まで出来ませんでした。
それでも解散した後も集まって、議論を重ねていた受講生の皆さん。
その姿勢に感動しました。
次回は最終回です。
ライブ朗読を視覚障害の方に実際に聞いていただきます。
どんな感想をを頂けるでしょうか?
受講生の皆さんはドキドキでしょうか?それとも楽しみでしょうか?

いよいよ明日です。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 23:33| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
Nさんの穏やかな雰囲気のブログを読むといつも落ち着いた気持ちになれます。

ところで、今回の講座のスタッフは9名です。
ひとりひとりが重要な役割を担っています。
毎回、ミーティングに始まり、ミーティングで終わっています。


開いている側のわたし達にとっても、副音声台本制作、送迎体験、朗読指導、受講生の副音声ライブ朗読による上映、利用して頂く視覚障がい者の方からのお話し、と学ぶことたくさんあります。

受講生のみなさま、貴重な休日の午後に受講して下さってありがとうございます。

Posted by haru at 2019年02月05日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: