2019年01月24日

第2回『副音声ガイド制作ワークショップ』

1月19日は2回目の講座でした。
30分程の2本の短編映画。
どちらの映画の担当かは、前回に“アミダくじ”で決めました。
担当映画別に分かれて、副音声台本の制作です。
受講生の皆さんが、宿題で書き上げた副音声台本が第一稿。
この副音声台本が、ガイド制作の“たたき台”になります。
実際の台本制作でも、担当者は一人で第一稿を書き上げます。
その“たたき台”を土台にして、副音声台本を仕上げていきます。
先ず、受講生の皆さんの担当箇所を決めました。
そして、DVDを見ながら、副音声を読んでいただき、
グループの方々と議論を重ねます。
緊張されて、声が小さい方も...仕方ありませんよね。
9本の副音声台本を担当した私ですが、未だに緊張します。
副音声が入るようには出来ていない映画です。
台詞と台詞の間に、簡潔かつ的確な副音声を入れる事はできましたか?
ご自分の想像は入っていませんか?
間(ま)を生かすか、副音声を入れるか...難しい!!!
ベテランスタッフのアドバイスを受けながら修正を進めました。
13時30分から17時30分までの4時間。
予定していた休憩時間も受講生の皆さんは取ることなく、副音声と
取り組まれました。

7.jpg

受講生の皆さんの熱気が伝わってきました。
3回目の来週は残りを仕上げ、受講生の中の朗読希望者による
副音声の収録です。
又、視覚障害の方の送迎体験もしていただきます。

朗読担当者さん!風邪をひかないで下さいネ。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 15:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: