2019年01月20日

2019年、活動を開始しました。

1月13日、次・次回の作品の一回目の台本チェックでした。
いつも事ですが、台本の出だしは難しい!!!
オープニングから直ぐに台詞で始まる映画、風景がずっと続く映画。
今回は映画の主題に入るまでに、かなり長い時間が費やされます。
目の見えない方達に、何気ない風景・情景が伝わるような表現は
非常に難しいです。
最初の一行に、一体どれ位の時間を割いたでしょうか?
長い時間をかけて、結論は元の文章を2つに分けてスッキリとまとめました。
まだまだ議論は続きます。
「花を咲かせた」にするか、「花の咲いた」にするか...。
この言葉では違うものを思い浮かべる可能性がある...などなど。
議論は延々と続きます。
映画の舞台となった小さな島の地図を取り寄せた、台本担当のMさん。
正月返上で書かれた副音声台本の第一稿。
物語に入るまでの20行ほどの副音声にどれ程悩まれたか...
時間を費やしたか...痛いほど分かります。
長い時間議論しても、結局は第一稿通り...と言う事もあります。
第一稿通りでも、議論に費やした時間は決して無駄ではありません。
納得出来る副音声には、それだけの時間が必要だった...という事です。
物語に入ってからは順調に進み、一回目の目安は達成しました。

1月20日、2回目の台本チェック。
表現によって思い浮かべる事は人それぞれです。
一致する表現を探します。
玄関の戸は...
ドア?扉?引いて開ける戸なら引き戸...格子がついていれば格子戸
等々...話し合いは続きます。
又、ゼネレーションギャップも...。
最近の映画では蚊遣り(かやり)、今回は手水鉢(ちょうずばち)。
ある年代以上の方でないと分かりませんね。
又、地方によって呼び名が違うことも...。
天花粉がそうでした。シッカロールとかベビーパウダーとか...。
人それぞれの意見があるからこそ、より良い副音声になると信じています
容赦の無い意見を交わしている中に、時々親父ギャグを挟むYさん。
議論の場が和みます。
厳しくも和やかに台本チェックは進みます。

posted by バリアフリーシアタースタッフ at 22:16| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: