2018年11月28日

映画「ボヘミアン・ラプソディ」

伝説のバンド「クイーン」の物語です。
私にとって「クイーン」と言って浮かぶのは
上半身裸で、ピチピチの白いパンツで拳を突き出し、スタンドマイクを
振り回して歌うバンド。そしてエイズで死んだ...位でしょうか。
そんな私ですが、流れる曲は聞いた事がある曲ばかりです。
最後の20分のチャリティコンサートは鳥肌が立ちました。
観た方の「出来ればIMAXでの鑑賞をお薦め」の助言に従い
大正解!
素晴らしい!!!の一言です。

ここからは余談です。
フレディってこんなに歯が出ていた?と疑問が...
歯科関係の仕事に就いていた私は推理しました。
もちろん!映画のフレディはフレディ役の俳優。
顔が似ていて、演技が出来て...その上に歯が出ている人!
は、いないですよね〜。
今の時代、歯が出ていれば直ぐに矯正するでしょうし、
映画の中で「過剰歯」と言っていましたが、それならば抜いたはず。
ましてや俳優ですからね。
その上、演じている俳優はしゃべり難そうでした。
絶対に義歯(入れ歯)!と決定!
帰宅してネットで調べました...。
やはりフレディ役の俳優は歯が出ていませんでした(^0_0^)v
しょうもない話で失礼致しました。

「音楽には疎い」と言いつつ、結構観ていました。
「最後のマイウェイ」「恋するリベラ−チェ」「ジャージー・ボーイズ」
そして「ボヘミアン・ラプソディ」...どれも素晴らしい映画です。

余韻の残る見応えのある、もう一度観たい映画です。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 21:47| Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: