2018年05月31日

ご存知ですか?『副音声ガイド映画の貸し出し』を行っています!

私たちNPO法人 KAWASAKIアーツでは、
毎年11月のしんゆり映画祭で、「しんゆりバリアフリーシアター」と銘打ち、
副音声ガイド付き上映・日本語字幕付き上映・保育付き上映の3つのバリアフリー
上映を独自に企画・運営しています。
このうち、副音声ガイド付き上映は、副音声台本の制作・朗読、(洋画の場合
は日本語吹き替え)、録音編集も行ってきました。
1997年から始まった映画祭での年1回の副音声ガイド付き上映は、2018年現在
まで続いています。
また、川崎市アートセンターで副音声ガイド付き上映が通年で行われるまでに
発展し、毎回、多くの方に利用して頂いています。
千葉などからお越し下さる方もいます。
制作している者として、お越しくださることはとてもうれしいことですが
お好みの映画を選んでご覧になるために、遠方へのお出かけが必要なのは
とても大変なことだとも思います。

ところで、川崎市アートセンターでの上映を終えた後の副音声素材がどうなって
いるかご存知ですか?
実は、バリアフリー上映をしたい方がいらっしゃれば、《 副音声素材 》 の
貸し出しが可能
なのです。
これまでに映画館や上映会などに貸し出しをしました。
田端の“シネマ・チュプキ”で5月に上映していた『タレンタイム〜優しい歌』
もその中の1本です。
しんゆりバリアフリーシアターが制作した副音声素材が使用されていました。

“シネマ・チュプキ”についてはこちら→
http://chupki.jpn.org/

このように川崎市アートセンターのみならず別の映画館でもたくさんの方に
映画を楽しんでいただけるのは、制作した私たちにとっても、とても嬉しいこ
とです。
これからも色々な場所で使用され、視覚障がいの方達の映画鑑賞の機会が増える
ことをねがっています。

私たちがこれまでの20年余りに制作した副音声は77本になりました。

しんゆり映画祭での上映作品(2016年まで)はこちら→
http://www.siff.jp/siff2017/image/barrierfree/1nenpyo.pdf

川崎市アートセンターでの上映作品はこちらから→
http://kac-cinema.jp/barrierfree/

副音声ガイド付き上映をしてみたい方!
まずは川崎市アートセンターのバリアフリー担当までお気軽にご連絡を下さい。

全ての方々に映画の楽しさを...私たちバリアフリースタッフの願いです。




posted by バリアフリーシアタースタッフ at 18:52| Comment(0) | スタッフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: