2018年05月24日

副音声ガイド付き上映『ウィンストン・チャーチル』

今回のガイド朗読は、バリアフリー活弁士として有名な壇鼓太郎さん。
アートセンターで制作した副音声をライブ上映で行う事もありますが、
それは副音声のみです。
壇鼓太郎さんのライブ実況は字幕朗読と画面説明を全て一人きりでこなすものです。
当日(5月20日)のスタッフからの報告を掲載いたします。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

シティ・ライツ主催の同行鑑賞会参加者を含め、大勢の視覚障がいの方々が来場されました。
送迎を担当させて頂いた方は、壇さんの音声ガイドは何度も体験済みだそうです。
上映後のご感想は
「壇さんの音声ガイドは、完成台本を用意せず即興のように行うため、説明不足や
言い間違いなどもあったりします。
でも、各登場人物のセリフは、声の質をうまく変えて臨場感たっぷりに語られる為、
最後まで映画を楽しむことができました。
壇さん独自の“語り”の技術によるところ大ですが、完成台本に基づく事前収録の
副音声ガイドとは一味違う良さかもしれませんね」との事でした。
話題の新作を堪能され、嬉しそうにアートセンターを後にされました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

又、いつもは副音声上映前には近日公開映画の予告編はありません。
今回は予告編の上映もあり、壇さんの予告編のライブ実況もあったそうです。
上映終了後に、「いろいろな新作の上映が予定されているんですね!」のご感想も...。

“ゲイリー・オールドマン”がアカデミー賞の主縁男優賞を、
日本人の“辻一弘”さんがメークアップ賞を受賞した話題の作品です。
何よりも“ゲイリー・オールドマン”が辻さんを指名されたことが嬉しいですね。
“ゲイリー・オールドマン”は主演・助演と数々の映画に出演されていますが、
私は映画『レオン』のキレた麻薬中毒の刑事役が印象に残っています。

予告編にも副音声を...難しいですが、これからの課題ですね。

私は、今回は鑑賞できませんでしたが是非!!!『壇鼓太郎さんのライブ実況』を
体験したいと思います。




posted by バリアフリーシアタースタッフ at 13:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: