2018年02月21日

映画「大いなる幻影」

1937年公開のフランス映画。
伝説の名作です。

第一次世界大戦のドイツの捕虜収容所が舞台。
“ジャン・ギャバン”が主演の映画です。
私にとって“ジャン・ギャバン”と言えば...
「現金(げんなま)に手を出すな」「地下室のメロディ」「シシリアン」...
が浮かびます。
昔のテレビの洋画劇場で見たでしょうか?名優である事は知っていましたが
さほど“ジャン・ギャバン”に思い入れはありません。
がっ!この映画で惚れました(^0_0^)
そして、ドイツ人将校を演じた“エリッヒ・フォン・シュトロハイム”と
フランス人将校を演じた“ピエール・フレネー”の2人。
貴族出の2人の大尉は敵同士でありながらも相手を尊敬していて、
凛としていて気品があります。それゆえの脆さもみえます。
それに比べて、ジャン・ギャバンが演じる労働者階級出身の中尉と
ユダヤ人銀行家の中尉の逞しい事!生命力にあふれています。
名作だからと言って、決して難しい映画ではありません。
ユーモアもあり、笑う場面も...。

それにしても、待遇の良い収容所生活なのに...
何故に???危険を冒してまで脱走を???
「ゴルフ場ではゴルフ。収容所では脱走だ」
なるほど!!!

アートセンターで3月2日までの上映です。
見逃すと後悔しますよ...!
あなたの心と身体で、この名作を感じてください。



posted by バリアフリーシアタースタッフ at 15:05| Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: