2018年01月08日

2018年・副音声の活動を開始しました。

皆さま、明けましておめでとうございます。
1月7日(日)、次回の副音声ガイド上映に向けての第1回台本チェックを行いました。
今回は、邦画です。
台本の担当者は久し振りのYさんです。
前回担当したのは「アレクセイと泉」でした。
2013年の12月8日が第1回目の台本チェックでしたから、4年振りの登板です。
「アレクセイと泉」は、静かなドキュメンタリー映画でした。
今回は、台詞のやり取りが「間髪をいれない」のです。
その上に、過去と現在が同じ画面に...。
台本を書いたYさんも頭を抱えたと思いますが、スタッフの我々も頭を抱えました。
それでも、知恵を出し合い順調に進みました。

「アレクセイと泉」を未鑑賞の方は是非ご鑑賞下さい。
あなたの心に、綺麗な泉が湧いてきますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「アレクセイと泉」
チェリノブイリ原発事故で被災し、廃村となったブジシチェ村に今も
暮らす老人たちと一人の青年を描いた、ドキュメンタリー映画です。
村にある泉は放射能が検出されず、村人たちの生活と心の拠り所です。
「泉」が静謐な命の物語を紡ぎます。

監督:本橋成一 撮影:一之瀬正史 音楽:坂本龍一
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さま、本年もよろしくお願い致します。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 11:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: