2017年11月26日

バリアフリーシアターの活動をご一緒に!!!

しんゆりバリアフリーシアターの活動は、市民ボランティアが行っています。
毎年新しい仲間が増えています。今年度、新しく4名が加わりました。
副音声台本制作を始めて見学した感想を寄せてくれました。


『タレンタイム〜優しい歌』の台本チェックを見学しました。
一挙一動を表現する難しさを知りました。
また、作品の背景を吟味して、丁寧に言葉を選ぶ過程に深く感動させられました。
副音声ガイドが付いたからこそ、作品の趣にじっくりと思い巡らせながら鑑賞できるのだと思いました。
制作スタッフの、各々頭を捻る姿、「しっくり」はまった時の深々と頷く姿が垣間見られた、とても貴重な経験でした。 (es’ 女 30代)

しんゆりバリアフリーシアターでは、一緒に活動してくださる方を募集しています。

活動内容:
副音声ガイド制作 (台本作り、副音声朗読、日本語吹き替え)
バリアフリー上映サポート(受付・送迎)

連絡先 : NPO法人KAWASAKIアーツ 
TEL 044‐953‐7652 FAX 044‐953‐7685
E-mail cinema-uma@siff.jp

このブログ担当の私も、バリアフリースタッフの一員です。
たまたま開いたアートセンターのホームページ。
そこで「音声ガイド制作講座」の受講生の募集を目にしたのがきっかけです。
「石橋を叩いても渡らない」私としては、清水の舞台から飛び降りる気持ち
で申し込みました。
アートセンターに行ったのは受講の時が初めてでした。
2010年の7月から始まった講習会。受講生は20名ぐらいだったでしょうか?
私は未だ会社に勤めていました。
募集の前に、NHK?民放?のニュースで副音声を知り
その時に「やってみたい」とは思ったのですが、直ぐに忘れてしまっていました。
たまたまニュースを見ていて、たまたまHPを開いたら...で現在に至っています。

先日の「わたしは、ダニエル・ブレイク」には若いお二人が加わり、
吹き替えにも挑戦しました。緊張しつつ、楽しそうでした。

たまたまこのブログを見たあなた!挑戦しませんか?


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 00:09| Comment(0) | スタッフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: