2017年09月28日

「素心伝心」展と「運慶」展

シルクロード特別企画展
「素心伝心―クローン文化財 失われた刻の再生」
東京藝術大学が、劣化が進行あるいは永遠に失われた文化財を
クローンとして復元する特許技術を開発。
オリジナルの精細な画像データから、三次元計測・科学分析を行い
空間・形状・素材・質感・色を忠実に再現して展示してあります。
入場すると先ず焼失した金堂壁画12面に囲まれた法隆寺の釈迦三尊像。
天蓋も再現されています。
又、壁画が劣化して公開が制限されている北朝鮮の
「高句麗古墳群の江西大墓」が原寸大で展示されています。
そして、中国・敦煌莫高窟第57窟の再現!
「敦煌の恋人」の美しい事!
その他、「ギジル石窟航海者窟壁画」「ガバン遺跡壁画」「バーミヤン天井壁画」
等が再現されています。
そして再現に関わっている「宮廻正明」氏!
「ゆずり葉の頃」の映画に登場する画を書いた方で、
八千草薫に「やぁ〜別嬪さんだね〜」と言う田舎のおじさん役で出演しています。
この「素心伝心」展は撮影OK!です。触れる作品もあります。

「運慶」展にも行って来ました。
今年、市のことぶき大学で「国宝L♡VE」を受講した事もあり
わくわくしながら行って来ました。
圧倒されました。素晴らしいです。
時が経つのを忘れる程でした。後姿もじっくりと鑑賞しました。

どちらも混んでいましたが、入場待ちもなくスムーズに
見学出来ました。

芸術の秋を楽しんだ一日でした。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 20:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: