2017年09月16日

「しゃぼん玉」台本チェック終了!

しんゆり映画祭の副音声ガイド付き映画は邦画「しゃぼん玉」です。
9月10日の3回目の台本チェックで終了しました。

主演の翔人(しょうと)には、映画「バッテリー」でデビューした
林遣都(はやしけんと)。
脇を固める市原悦子、綿引勝彦、相島一之が素晴らしい!!!
そして、映画に華を添えるのは美しい自然と、美和を演じる藤井美菜。
正に「鄙には稀な」...平家の落人村にふさわしい美しさです。

不幸な生い立ちの翔人は犯罪を重ね、とうとう人を傷つけます。
逃げて来た山奥で、怪我をした老女スマを助け彼女の家に居候をします。
村人との交流の中で翔人は変わっていき、ある決心をします。

親の愛情を受けなかったのが、食事のシーンで分かります。
村人の手作りの食事に頑なな心がほどけていきます。

この作品は映画祭で上映ですので、台本担当は副音声スッタッフであり
映画祭のスタッフでもある方...ベテランさんです。
台本チェックには、いつもの副音声スタッフの他に映画祭のスタッフも参加。
副音声朗読も副音声スッタッフであり映画祭スタッフでもある方です。
こちらは、朗読には初挑戦!です。しかも男性です。
先日の「オケ老人」で台本に初挑戦し、今回は副音声の朗読です。
皆さま、お楽しみに...私も楽しみです。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 20:36| Comment(1) | 日記