2020年05月01日

親子で観て欲しい!!!

皆さま、いかがお過ごしですか?
コロナ自粛で、縮こまっていませんか?
ちょっとの事でイライラする毎日です。
年間に観る映画もさほど多くはない私ですが、映画を観に行かないと言う事と
全国の映画館が休館で観に行けない...とは違います。
「これを観ようかなぁ〜それともこっちにしようかなぁ〜」の楽しみさえない
のです。
そんな私がこの自粛休暇に親子で観て欲しい映画を2本紹介します。
「ぼくの名前はズッキーニ」と「メイジーの瞳」です。

「ぼくの名前はズッキーニ」
人形を少し動かしては撮影をし、またちょっと動かしては又撮影を...と
気の遠くなるような作業を繰り返して完成したストップモーションアニメです。
目が大きくて、手が長い人形です。
人形なのに、目に悲しみが宿っています。
9歳の主人公のズッキーニは、母親から虐待を受けています。
「ズッキーニ」は母親がつけたあだ名です。フランス語でウリやカボチャを
意味する言葉で、「石頭」とか「のろま」と言う意味もあるとか...。
子供を愛していれば決して付けないあだ名です。
でも本当の名前があるにも関わらず、侮蔑をこめたあだ名なのに
「ズッキーニ」と呼ばれることを望む...その事が悲しい。
毎日毎日酒浸りの母親をふとした過ちで亡くし、ズッキーニは養護施設に...。
そこに様々な事情で保護されている子供たち。
それぞれが過酷な運命を背負っています。
決して明るくない...地味ともいえる映画ですが、私は繰り返し繰り返し観ています。
2019年の副音声映画以外に映画館、TVで観た映画の中で最も心に残った映画です。
養護施設の先生が素晴らしい!ズッキーニを思いやる警察官。
口は悪いけれど根はやさしい少年の一言が涙を誘います。
過酷な運命を背負いながらも他の人を思いやる子供たち。
是非!是非!親子で観て欲しい!!!

「メイジーの瞳」
この作品は以前にもこのブログに書きました。
両親が離婚した6歳のメイジーは、それぞれの家を10日間ずつ
行き来します。
両親は決してメイジーを愛していない訳ではありません。
ロック歌手の母親はメイジーを「愛している!」と抱きしめます。
が...仕事優先の両親は、メイジーをそれぞれのパートナーに
押し付けます。
それでもメイジーは我儘も言わず、涙も見せません。
そんなメイジーを、両親のそれぞれの若いパートナーが暖かく包み込んで
くれます。
いつも悲しげなメイジーの瞳が、学校まで送ってくれた継父を
「新しいパパなの」と紹介するときに輝きます。
可愛いメイジーのファッションも必見ですよ。
大人の心にも、子供の心にも響く心温まる映画です。

次回の副音声映画は3回の台本チェックを終えて、読み合わせまで
進みましたが、日本語吹き替えと副音声朗読の収録が出来ていません。
早くこの自粛が終わり、日常が戻ることを祈るばかりです。




posted by バリアフリーシアタースタッフ at 00:32| Comment(0) | 日記