2020年01月25日

映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990年・アメリカ)

南北戦争下のアメリカ。
北軍の中尉ジョン・ダンバー“は足に大けがをします。
「足を切断されるより死を」と馬を駆って、南軍と北軍が
にらみ合う中へ飛び込みます。
この事で北軍が勝利をおさめ、ジョン・ダンバーは英雄になります。
自分で勤務地を選ぶことができる権利を与えられた彼は
「フロンティア」を目指します。
と...これ以上は書くまでもなく皆様よくご存じのはずです。

私は「あなたのNO.1映画は?」と問われれば
『ダンス・ウィズ・ウルブズ』と答えます。
この映画は私にとって特別な映画です。
映画に囲まれた青春時代を送った私ですが、東京に来てからは
映画から離れた生活をしていました。
もちろん、TVの「洋画劇場」などは観ていましたが...。
ある日、地元の映画館の前を通りふと見る気になったのがこの映画です。
観終わった時に感じたのは「あ〜私はやっぱり映画が好き!」
次の週に又観に行き、次は新宿まで足を延ばし...で、計4回映画館で鑑賞。
あの日から...30年近く経ちました。
この映画が、再び映画を観るキッカケになったのです。

この映画の撮影時、ケビン・コスナーは30代半ば。
若い彼が、私財を投じ渾身の情熱を注ぎこんだ映画です。
彼自身が「映画のフロンティア」を目指したのでしょうか?

昨年から「何が何でも観に行く」と決めた映画です。
20数年ぶりに映画館で鑑賞しました。
バッファローが疾走するシーンの迫力は、大きな画面ならでは...です。
いつまでも色あせない...私にとって宝物の様な映画です。



posted by バリアフリーシアタースタッフ at 22:48| Comment(0) | 映画