2020年01月23日

映画『ジョジョ・ラビット』

ビートルズの曲で始まるこの映画。
ロックでポップでキュートで...胸を突き刺す反戦映画です。
舞台は第2次大戦下のドイツ。
10歳の少年「ジョジョ」は、美しくて勇気あるママと2人暮らし。
ジョジョは空想上の友達の「アドルフ」に励まされながら、
青少年集団「ヒトラーユーゲント」の立派な兵士になろうとします。
でも心優しいジョジョは、訓練でウサギを殺せず「ジョジョラビット」と
不名誉なあだ名をつけられます。
ある日、ママが家に匿っていたユダヤ人の少女「ロージー」をみつけます。
ロージーと暮らすうちにジョジョの心に変化が起きます。
ママを「スカーレット・ヨハンソン」。
ジョジョの靴の紐をいつも結んでやっています。
靴の紐を結ぶシーンで笑って、そして泣きました。
青少年たちの指導者の大尉を『スリー・ビルボード』でアカデミー賞を
受賞した「サム・ロック」。彼のやさしさに涙。
コメディにしているからこそ、戦争の残酷さが際立ちます。
ぜひ観て欲しい!!!

スタッフの皆様には「今年初めて見る映画は決まっている」と宣言したのに...
早々に破ってしまいましたm(__)m。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 18:23| Comment(0) | 映画