2018年12月31日

2018年の副音声を振り返って

年明け早々の1月7日の「ピンカートンに会いに行く」の台本チェックから
始まった今年の活動。
今年の一回目の副音声ガイド上映は
1月20日の「わたしは、ダニエル・ブレイク」でした。
3月「ピンカートンに会いに行く」
6月「ロンドン、人生はじめます」
8月「大いなる幻影」
11月「モリのいる場所」(映画祭)
12月「フジコ・ヘミングの時間」でした。
「1年に6本?」と思われるかもしれませんが、外国語映画でしたら
台本チェックは3〜4回。吹き替え収録もあり、台本データを受け取り
副音声台本の第一稿を書き始め、台本チェック、収録に向けての読み合わせ、
吹き替え収録、副音声収録、ボリュームチェック...があります。
吹き替え収録の無い日本映画でも副音声上映までに3ヶ月以上掛かります。
「大いなる幻影」も一回目の台本チェックは5月でしたが上映は8月でした。
台本担当者は台本チェックの一ヶ月以上前から制作に取り掛かっています。
「フジコ・ヘミングの時間」の次の作品の台本チェックも既に終了。
年が明けましたら直ぐにその次の作品の台本チェックが始まります。
常に台本チェックや収録、ボリュームチェック、ガイド上映...
又、次回作の試写などがあり休む間も無く1年間続いています。
この年末年始も、次の作品の担当者はDVDとPCと格闘だと思います。

今年一年間、ありがとうございました。
来年も素晴らしい作品が待機しています。


posted by バリアフリーシアタースタッフ at 22:45| Comment(0) | 日記